やわらかダイニング

介護食・やわらか食をご自宅で家族の方が作るのは手間と時間がかかりとても大変です。

介護食宅配ランキングは、そんなお悩みを解消する介護食・やわらか食の宅食サービスをわかりやすく一覧にしました!!賞味期限が3ヶ月以上で管理がラクな冷凍弁当を通販で購入できます。

管理栄養士が栄養バランスに配慮して作った介護食はやわらかさと見栄えの良さを兼ね揃えた献立で食欲がアップ間違いなし!!ご家族の負担や買い物のための外出も減らすことができます。

当サイトで1番おすすめなのは『やわらかダイニング』

やわらかダイニングの介護食は噛む力、飲みこむ力が衰えてきた高齢者の方のための宅配食事を通販で配送する会社です。

3段階のやわらかさを選べることができ、高齢者の方でも食べやすい、見た目も良い冷凍弁当をたくさんのメニューでご用意させていただいてます。

家族みんなで食卓を囲み笑顔が広がる食事をやわらかダイニングの介護食『やわらか宅配食』は可能にしてくれます!!

程よいやわらかさの『ちょっとやわらかめ宅配食』

噛む力が少し弱いと感じるが、問題なく飲み込める方向けの介護食。食材本来の食感を残しつつ、程よくやわらかめに仕上げいます。

少し弱い 飲み込める 大きいものや固いものが食べづらい方におすすめの食事です。ロに入れやすいサイズで食べやすく、なおかつ食べ応えがあります。

7食 ¥4,968 (税込) 14食 ¥9,828 (税込)21食 ¥14,580 (税込)

ちょっとやわらかめ宅配食

お箸ですっと切れる『かなりやわらかい宅配食』

噛む力が弱く、 飲み込む力も弱くなってきたと感じる方向けの介護食。見た目はそのまま、お著ですっと切ることができます。

主菜のほとんどは「凍結含浸法」でやわらかく仕上げています とろみをつけた餡をかけるなど、飲み込みやすさにも配慮しています。

7食 ¥5,616 (税込) 14食 ¥10,692 (税込)21食 ¥15,984 (税込)

かなりやわらか宅配食

スプーンでつぶせる『ムースやわらか宅配食』

噛む力・飲み込む力ともに弱いと感じる方向けの介護食。ムース状にしたおかずを形成して、実際の食材に近い形にしています。

プリンや茶碗蒸しのように、舌で簡単につぶせるやわらかさです。一品ごとにおかずそれぞれの味をしっかり楽しめます

7食 ¥5,616 (税込) 14食 ¥10,692 (税込)21食 ¥15,984 (税込)

ムースやわらか宅配食

腎臓病・糖尿病などで食事制限のある方のお食事は、ウェルネスダイニングで購入することができます。

やわらかダニングの『やわらか宅配食』とは

介護食宅配毎日の食事は生活意欲やQOL(生活の質)を持続するために大切な要素です。加齢や病気で普通の食事が食べられなくなった方には、病院だと静脈栄養や経腸栄養によって栄養補給を行います。

病院で処方される液体での栄養補給方法から通常の食事に戻すためには、ムース食・ゼリー食・ミキサー食・刻み食と順を追って食材の形を変えていきます。

ですが、見た目に食欲が出ない、量が食べれず栄養が不足するなど、食事の満足感を犠牲にするケースが少なくありません。食べることが困難になると低栄養になり、栄養が不足すると褥瘡(じょくそう)にもなりやすくなります。

単に軟らかくしている食事でも、口の中でのまとまり具合や潰れ加減によって飲み込みが難しくなって、誤嚥した場合は誤嚥性肺炎などの危険性もあります。逆に栄養が摂取できたとしても見た目や味が普通の食事以下だと、こころから食べたいという気持ちになれず、食事をする意欲がわかなくなっては本末転倒です。

やわらかダイニングは柔らかさの異なる3つのコースを用意しています。管理栄養士が栄養バランスに配慮し、独自の調理法で食材を適切なやわらかくさに仕上げ、赤・黄・緑色のさまざまな食材を使い彩り豊かな献立のお食事です

食べやすさ・柔らかさに配慮すると、どうしても同じような献立になりがちな毎日の食事ですが、毎日のお食事が楽しくなるように、月替りの豊富なメニューを用意しています。どのメニューも「見た目・味わい・栄養バランス」にこだわった食事なので、噛む力・飲み込む力が弱くなってきた高齢者の方でもかならず満足していただけます。

介護食で大変なことと言えば

介護食宅配ランキング体調を崩した高齢者の望みは、ほとんどが食にまつわることだという調査結果が新聞で公表されています。ビール好きだったのに医師の許可が降りずに飲むことができない、ステーキが好物だったのに医師に止められているなど、食事は終末期医療の満足度を大きく左右する要因となっています。

人間が食べることは生物が命をつなぐために必要不可欠な行為ですが、文化としての意味合いが強く、生きがいにもなっています。

ところが、高齢化で入れ歯に不具合があったり、脳梗塞の後遺症で食事を咀嚼して、嚥下することが不可能な方が数多くいます。

いままでは、調理を工夫したり、ベビーフードのような形で食べることが普通でしたが、そのような食事形態だと「彩り」「美しさ」「味わい」で食事を愛でる日本ならではの食文化を感じることはできません。

高齢者の方にも、無理なく日本人本来の食文化を感じ取ることのできる食事を、毎日の食卓に手間を掛けずに提供できるのが、やわらかダニングの『やわらか宅配食』です。

『食宅便』のやわらか食事

食宅便介護食宅配

毎日の介護食でこんな悩みはありませんか?

  • 高齢者の介護食をしっかり作りたい
  • 食事の栄養バランスを整えたい
  • 家族全員の健康維持・管理をしたい
  • 共働きで食事の準備が大変で困る
  • 柔らかさや栄養バランスに配慮すると食事が大変

食宅便介護食宅配

「食宅便」は、医療介護福祉施設の食事サービスシェアナンバーワンの日清医療食品がお届けする、介護食の宅配サービスです。

長年、医療福祉の現場に携わっている私たちだからこそできる、介護食に 最適の栄養バランス・食べやすさ・おいしさの両立で皆様の明るい毎日をサポートしていきます。

仕事に忙しい人でも食宅便の介護食宅配のお弁当は、給食センターの介護食配達のように 毎日必ず食べる必要はなく、冷凍なのでマイペースで管理できます。

食宅便の介護食弁当はすべてのおかずをワンプレートに詰めているのでレンジで解凍するのも全く手間がかかりません。

管理栄養士が介護食に必要な「やわらかさ」「栄養バランス」「減塩」に配慮して献立を作っており、飽きのこない和・洋・中の多彩なメニューを用意しています。

食宅便介護食宅配

介護を受ける高齢者

普通の食事が食べれないのはつらいことです

皆さんが食事に求めるものは何ですか?

私たちは食事によって毎日の活動に必要な栄養を得ています。しかし食事の役割は単に栄養補給だけにはとどまりません。

美味しい食べ物に喜びを感じた経験は誰にもあることでしょう。家族や大切な人と食卓を囲むひと時も人生に潤いを与えてくれます。

3食規則正しく食べることで生活のリズムを整えることに繋がりますし、食べ物を噛む咀嚼の運動は脳を活性化させます。

また、第二の脳と言われる腸の働きにも、食事は欠かせないものです。

普通の食事が食べられないと起こること

では、それらが失われてしまうとしたらどうでしょう。病気や年齢によって食べることが難しくなってしまったとしたら…?

病気による食事制限や、加齢に伴う様々な変化で、今まで当たり前に食べられていた食事を食べられなくなってしまうこともあるのです。

例えば噛む力が弱まると、硬いものを咀嚼できず、食べづらくなります。

唾液の分泌が減ると、水分の少ないぱさぱさした食べ物や、細かく刻んだ食材を口の中で上手くまとめることが難しくなるでしょう。

また、食べ物を飲み込むための嚥下能力が低下した場合は、水分でむせ込んだり、誤嚥を起こしたりすることもあります。

そうなると誤嚥による肺炎のリスクも高くなります。

食べることが楽しくなくなる

さらに病気によっては避けるべき食材があったり、量を制限されたり。食べにくいからと刻んだり、煮崩れるまで煮込んだり、ミキサーにかけたり。手間はかかっているのに、彩りや風味は失われてしまいがち。

しかも細かく刻んだり潰したりしたことで、うま味よりもえぐみや臭みを強く感じてしまうこともあります。

こうして様々な要因が重なっていくと、栄養の為に「食べなければならない」と考えるのもつらくなってしまいそうですね。

しかし食事の喜びを失いたい人なんていません。

だからこそ食事に対する不安を取り除き、誰もが食事の喜びを感じられる、食事が楽しみになる、そんな介護食が必要とされています。

介護食と食事制限

一口に介護食といっても種類やその内容は様々です。
それぞれの咀嚼や嚥下の能力や、病気の有無、その病状によっても適したメニューが違います。

例えば噛む力の弱くなった人には柔らかい介護食を用意します。しかし気を付けなければならないのは、柔らかすぎてはいけないということ。

噛む力が残っているのであれば、その力を充分に使うことが健康を保つことに繋がるからです。もちろん無理をして硬い食事を召し上がる必要はありません。

しかし、よく噛んで食べた方が食材のうま味をより強く感じることができるはずです。さらに咀嚼によって脳が活性化し、認知症の予防にも効果があるという研究結果もあります。しかし、硬いからと安易に食材を刻んでしまうのもあまりおすすめできません。

介護食は刻んだりとろみをつけたり

刻むことで口の中でまとまりづらくなった食材は、唾液の分泌が低下している場合は特に飲み込むのが難しいものです。咽たり(むせたり)、誤嚥の原因になりかねません。

介護食ではとろみのついた餡をかけて仕上げるなど、口の中でまとまりやすい工夫が必要です。

さらに噛む力が弱まってしまった場合、ミキサーにかけるなどして食べることになります。

しかし細かくペーストのようになった食事は見た目も味も全くの別物で、粉砕されることで食材のおいしさよりも、臭みやえぐみを強く感じてしまうこともあります。

病院などではムース食という、見た目も元の食事にそっくりな形で提供されますが、調理は難しく、一般家庭にはあまり普及していないのが現状です。

でも、心配なのは咀嚼や嚥下能力だけではありません。

介護食と制限食

年齢を重ねることで健康面での不安も増えてきますよね。中には食事制限が必要な病気もあります。糖尿病、腎臓病などはその主な例でしょう。

糖尿病の介護食では、砂糖や、体内で糖に変わる炭水化物を控えなければなりません。炭水化物はご飯やパン、麺類などの主食やイモ類に多く含まれていますので、病状によっては主食の量をかなり厳しく制限されるでしょう。

料理の味付けにも砂糖を控えますが、慣れ親しんだ味付けが失われると思うと寂しいものです。

腎臓病の介護食は塩分とタンパク質を制限

腎臓の病状によっては更に、生野菜などに含まれるリンやカリウムも制限し、人工透析になると水分の摂取量も厳しく管理されることになります。逆にカロリーは多く摂らなくてはなりません。

粉飴という甘さは控えめで高カロリーな栄養補助食品を、調理やおやつに使うこともできますが、家族の食事と一緒に作ることが難しくなるのが難点です。

また噛む力や病気の有無に関わらず、食事の見た目はとても大事になります。食事の時間を楽しみにしているお年寄りはとても多いのです。

彩り豊かでおいしそうな食事を、まずは目で見て楽しむこと。介護食であっても食事を楽しむことは失われてはなりません。

介護食を作る家族の負担

在宅で介護をされている場合、介護食はご家族などの介護を担っている人が用意することになると思います。

そうなると家族構成や好みによって、様々な種類を作らなければならない場合も少なくありません。

要介護の認定によっては介護ヘルパーさんに食事の準備をしてもらうことも出来ますが、介護度によって得られる介護サービスの量は決まっています。毎日3度の食事となると、全てをヘルパーさんにお任せするのは難しいでしょう。

家庭での調理に限界が…

嚥下が困難になると、汁物やお茶などの水分にはとろみをつけますが、とろみの濃度の調整はなかなか難しいものです。

温かい汁物には片栗粉でとろみをつけられますが、冷たい飲み物には片栗粉は使えず、市販のとろみ剤を購入しなければならないでしょう。

ミキサーにかけてしまうと味や見た目の変化が著しく、食欲の低下を招きますし、ムース食はまだあまり一般家庭には普及していません。また野菜などを柔らかく加熱しようとすると、彩りも損なわれてしまいます。

柔らかく食べやすい食材ばかりを選んでいると、マンネリ化も心配の種になります。硬く食べにくいからと避けがちなお肉や魚などは、体に筋肉を維持するのに大切なタンパク質を多く含んだ食品でもあります。

栄養バランスを考えるのは難しい

栄養不足は褥瘡(じょくそう)の要因のひとつでもありますから、色々な栄養素をバランスよく摂取しなければなりません。

そこに食事制限が加わってくると事態はもっと深刻になります。主食の量を測ったり、塩分濃度を調べたり。カロリー計算も必要でしょう。そんな風に苦労して介護食を作っても、制限食や病気療養食は味気なかったり…。

病状や、咀嚼や嚥下の力に合わせた介護食を家庭で作るには、大変な労力がかかります。ましてや家族の食事も用意しなければならないとしたら…?その負担は想像以上のものでしょう。

食事だけではない介護の大変さ

食事のお世話だけが介護ではないことは言うまでもないことでしょう。

排泄ケアや入浴の介助、転倒を防止するために歩行の際には付き添いが必要な場合もあります。褥瘡の予防のための体位変換や、トイレ誘導などは夜間も続きます。

朝晩の着替え、水分はちゃんと摂れているか、爪は伸びていないか、室温は快適か…。
そんな細々とした気遣いも多く、挙げればきりがありません。

介護施設では何人もの職員が交代で関わる介護のほとんどを、在宅介護では家族の方が担うことになります。

その負担の大きさは想像に難くありません。介護の傍ら日々の家事をこなし、中には育児や仕事を続けている方もいます。

また、少子化や核家族化がすすむ現代、60歳以上のお年寄りが親や配偶者などの介護を担う老老介護の問題も深刻です。

介護を担う家族の負担は多大なもの

介護疲れにより介護者が入院したり、介護者自身に介護が必要になってしまうことも。さらに、精神面でも、先の見えない不安や孤立感を抱えて悩んでいる人が多くいます。

責任感が強く、介護を頑張っている人ほど上手く他者に頼ることができず苦しんでいるのです。助けを求めることは恥ずかしいことでも無責任なことでもありません。肩の力を抜いて、時には行政や民間のサービスを利用してみましょう。

レンジで温めて手軽に食べられる、介護食の宅配を使うなどして、自分の時間を作るのも良い気分転換になります。

介護食の宅配食にするメリット

家庭で用意するのは大変な介護食ですが、気軽に宅配食を利用することもできます。
栄養士が用意したメニューは種類が豊富で、彩りも豊か。日替わりなのでマンネリの心配もなく、栄養も豊富です。

またやわらかダイニングや食宅便では、それぞれの咀嚼や嚥下の力に合わせた3種類の柔らかさを選べます。

食事の見た目を損なうことなく、おいしく食べやすい工夫を施されたメニューは家庭では手間のかかるもの。宅配食を利用すれば、レンジで温めるだけで、火を使わず用意することができます。

お弁当のトレーが味気なく感じる場合は、温めたあとご家庭のお皿に盛りつけていただくと、より見た目にもおいしくなります。

手間や時間がかからないので、介護を担うご家族の精神的、肉体的な余裕にも繋がります。

もちろん家庭では管理の難しい糖尿病や腎臓病に合わせた病気療養食を選ぶこともできます。

スタッフによる試食も行われていますので、おいしさはお墨付き。食べる喜びや楽しみを存分に感じていただけることでしょう。

また、冷凍で3か月以上の長期保存が効くため、料理を作るが難しい時のために冷凍庫に常備しておくという使い方もできます。

介護は決して辛いだけのものではありません。

ただ多岐に渡る介護や、休めない日々の家事に追われて余裕を無くしてしまいがちなのも事実です。

宅配食を利用することで肩の力を抜いて、大切な家族との食事を、心から楽しんでみませんか?